オンラインMMO『マビノギ』をモチーフとしたオリジナル小説【メインストリーム-Generation 0-】を中心に扱っております

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マビノギ-Generation 0- 第二章04 第二十三話



          4


「――だーれダっ!」

「ぐはっ!」

 突如背中に走った衝撃にもんどりうって、ライルは勢いよくすっ転んだ。

「ンー? ライルぅ、もしかして調子悪いノ? ボクそんなに強く飛びついてないのニ」

「ぐっ……悲しさのあまり油断した……」

 先ほどの小太りの生徒の態度を思い出して怖気を走らせる。
 それにしても、背中のうえから聞こえる独特のイントネーション。しかし声以前にこんなことする犯人に彼は一人しか心当たりがなかった。

「……ソフィア。いいなー、お前は調子よさそうだなー」

「大正解~、さっすがダーリン。うん、ボクは絶好調だヨ」

 お気楽そうな声をだしてなおも体重をかけてくるソフィア。
 ライルはぐったりと突っ伏した地面から土の匂いをじかに感じとった。目の前にカサカサ漂う枯れ葉が彼の心にもなんともいえない哀愁をただよわせる。

 背中の無軌道台風、ハイテンションガールを心から羨ましく思った。

「……っつーかそろそろどいてくれ、起き上がれない」

「OKOK~。もし重いとカいったら絞め殺しちゃうトコだったヨ、ダーリン」

 ぐっと首に手をまわしてきてヘッドロックをしかけながらそんなことをいう。

「ちょ……してるしてるっ。苦しっ……ギブギブッ」

 びったんびったん、降参の手を叩いているというのにソフィアは「キャー」とかよくわからない奇声をあげて喜んでいる。

「あ……、なんかみえる……むりむりマジむり……ばあちゃんごめん、おれ……!」

 合同剣技演習が彼の命日――。

「――そのへんにしといたれソフィア。そいつにゃあ決着つけるまえに死なれたらワシが困るわい」

続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © はにかみながらまびのぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。