オンラインMMO『マビノギ』をモチーフとしたオリジナル小説【メインストリーム-Generation 0-】を中心に扱っております

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探検レベル上げが億劫です。
やあ、いらっしゃい。

紳士淑女諸兄、既に初夏といってもいい気温のなか、いかがおすごしですかな?



……などと、ハードボイルドにはじめてみたものの、速攻で飽きた童子です。
フツーにかきまーす。

きーてください。
童子、最近おいてけぼりくらいました。


ああ、いえ夢の中でなんですけどね。

どうもその夢の中の設定上では、童子には数人の仲間がいるようなのです。
数人の仲間とともに童子もそそり立つ崖のうえから、眼下に広がる見渡す限りの大きな都市をみつめておりました。

するとまぁ、仲間の一人がなにかを叫んで飛び出していくんです。

大事なことなんで二回いいますけど飛び出して、いくんです。

あっという間に空を飛んで見えなくなっていってしまった姿を追って、もう一人の仲間も飛び出していきます。

「待てよ、おれもいくってば――ッ! 悟空――ッ!!

同様にみえなくなる禿頭の仲間。

「お父さん! クリ●ンさん!」


と、叫んで飛んでいってしまう前髪パッツンな男の子。

仕方なしにほかの仲間たちも最初に飛び出していった仲間を追おうとします。

当然、童子も夢の中では彼らの仲間ですからね。
それにならおうとするワケですよ。

一人、二人、と飛び出していくのを見守りながら、童子思いました。

どうやって飛ぶんだろう、と。

身体をふりふり。

つま先でぴょこぴょこ。

ほーら、飛べないよ。そんなこったろうと思ったよ。

これでほっといてくれればまだいいのに、ご丁寧にいまどきありえないくらいロンゲな男が童子を待っているんです。

「おいッ! なにしてるんだ、おいてくぞ!」

とかなんとか叫んでるんです、人の気もしらないで。
おいてってください、いやまじで。

心からそんなことを思いつつ、必死にぴょんぴょんしてました。

きっと日曜日の朝になにげなくアニメを流し見たのがいけなかったんだと今は反省しています。

夢から醒めたときはもちろん空しかったんですけども、それよりも疑問があります。
童子、あのメンバーのなかでは誰役だったんだろう

はーい、続いてはマビノギのお話でーす。
探検レベル上げがめんどうくさいんです。

こんな語りから始めるのもなんだかイヤな感じなのですが、童子本当、転生のたびに思うことなのでどうか書かせてください。(切実)


みなさん当然レベルあげしますよね。

ええ、童子だってします。
昔と比べると影ミッションとかができたおかげで段違いにレベル上げも楽になったんじゃないかなーと思います。

ただひたすらルンダダンジョンをぐーるぐるしていたのももはや過去のこと。

そうそう、『10歳でレベル50になった』タイトルをとったのも当時のルンダででした。
ルンダ何週したらレベル50になるよ! とか当時はフレに話していた気もするのですが昔のことなので忘れました。

いまではレベル50くらい普通にいきますものね。10歳のうちにいけるかはともかくとして。


話を戻します。
それで、ついあとあとあとあとあとになってしまって次第にものぐさになってしまうのが探検レベルです。

童子のメインキャラクターであるジャイ男さんには探検レベルで発動するタイプのエンチャントがくっついてないので、どうしてもあとでいいやーとなってしまうのです。

しかしこれではいけない。

たまにはさっさと探検レベルからあげてしまおうっ。

と、めずらしく思い立ってやりはじめます。

童子、やればできる子ですよ。

どこでなにをするのが探検レベル的にあげやすいとかはよくわからないのですが、童子はとりあえずクルクレでひたすら遺物を鑑定してもらってます。

ですからね?

掘るんですよ。

当然。

するとまぁ。

……ご存知ですよね。

絶対みんな一度はやったことあると思うのですけど。


はいはーい、想像してください!!

Lロッドをもってー、! うろつきまーす!

『ぴっぴっぴっぴ』


きたきた。
よし、遺物ゲッ……!

いぶつ


…………。


おーけーおーけー。

まぁいいや。はいはい、いきますよー。

『ぴっぴ』

お、このへんかなー。

『ぴっぴっぴ』

ちかづいてきたきた。しめしめ。

『ぴっぴ』


あれ、こっちかー?

『ぴっぴっぴ』

ん? おかしいな。

『ぴっぴ』

『ぴっぴっぴ』

『ぴっぴ』

『ぴっぴっぴ』


どこにあるんだっつーの。



『ぴっぴっぴっぴ』

よし、やっと見つけッ……!
いぶつ

……。

はい。

ね?

今回の記事のいいたいこと、わかりますね?

発掘した瞬間に消えるなとか遠い遺物を優先で鳴らすなとか、そんなことはどうだっていいんです。

だれか、童子にいい探検レベルの稼ぎ方おしえてください。


とりあえず膝こぞう抱えて拗ねてきます。

ツーン。

……やさぐれ童子でした。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

初コメント失礼します
実は密かな読者でしたが、初コメント失礼します。

探検レベルを上げるのは最近になって面倒だと言う事を知ってしまいましたが・・・
俺は主な探険上げはザルディン地帯の火山で化石(硫黄)を掘っています。
化石の復元に得意不得意が別れてしまうのですが
慣れるとそれなりに探険レベルが上がると思いますΣb( `・ω・´)

遺物発掘は結構前にやっていましたが
折角見つけた遺物をボイトさんがあーまりに壊してくれるので
うがーっ!となって化石に移ったのが良い思い出です・・・(良いのか?
後は筏・・・は、人間とエルフさんの定番なので何とも言えませんが・・・(´・ω・)

それでは、探険レベル上げ頑張って下さいね!
今後のブログ更新も楽しみにしていますヽ(・ω・)/
赤髪の人 | URL | 2010/05/11/Tue 09:08 [編集]
Re:
密かにありがとうございます! ……ました?
こんな文字ばっかりのブログへようこそです。絵やSSはセルフサービスで補完していただけると

か、化石ときましたか……。
童子アレへたくそなんですよねー。なにかのクエストで強制的にやらされた覚えがあるのですが、なにしろ判定が『みごとに復元できた』じゃないとアウトとかで……。
ええ、ご想像にお任せしますがそれはそれは阿鼻叫喚の図でした。
特にセイレーンがかぶっていそうな形の復元が間に合いません。本当。
こんな童子でも、ラバキャをもらえると信じていたころがあったのですよ。

そうなんです、今回は書きませんでしたが、ほそぼそととれた遺物をさらにボイトさんが『飲み込んだ金はかえさねーぜ』とかいって半分以下にまで減らしてくれるんですよね。でもボイトさんのあの冷たい態度がまたキライじゃないなぁと
筏といえば心優しいフレがよく誘ってはくれるのですが、なんだか頼りきりなのも申し訳なくて……うーん、やはりここはやはり化石しか。

コメントありがとうございました、リンクいただいてしまいました(∑)ので今後ともよろしくお願いいたします。
はにかみ童子 | URL | 2010/05/13/Thu 20:38 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はにかみながらまびのぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。